« いんふぉめーしょん。 | トップページ | 3月14日ほわいとホワイトデー »

2006年3月14日

ひとり映画祭3連打。

昨日、私が朝からひとり映画館にこもって行われました「ひとり映画祭(えいがさい)」。

こんな企画は初めてで、というよりも1日に数本映画館で映画を見ること自体が私にとっては初体験だったのですが、見たい映画はいっぱいあるし、でも時間はあんまりないし。ということで、時間の有効活用を考えた結果考えたのがこの「ひとり映画祭」だったのです。

 

ちなみに、昨日見た数は3本

普段あまり映画館に行かない私には3本が集中力を保つ体力的に限界でした。

 

これからちょびっとではありますが、映画の感想などを入れつつ昨日見た3本を紹介しようと思います。

まず、1本目に見たのが

「男たちの大和/YAMATO」。

yamato01_640

これは皆様がご存知のとおり太平洋戦争の時に7000人もの人を乗せて沈んだ戦艦大和のお話なんですが、これは永久に後世に残して学校教育の一環として全学生に見せるべき見せなくてはいけない映画だと思います。

とりあえず見ていてが止まらないんです。

こんな状況が数十年前の日本にあったかなんて思うと、今の自分の置けれている身がすごく豊かで、その豊かさに甘えきっているな。と映画を見ながら号泣して考えさせられ、映画が終わったあとは目が赤く腫れて、お昼ご飯なんて食べにいけないくらいの感動作でした。

(ほんとにこれは映画館の永久欠番にしなくてはいけない作品だとおもいます。)

★★★★★ 星5つ。

 

そして、2本目に見たのが「県庁の星」

kenncyou

これは織田裕二主演なので、織田ファンとしてはすごく楽しみに見たのですが、映画自体はなぜか期待外れ感が少しある内容で、物語の先が読めたりする部分が多かったのがすごく残念でした。

でも、スーパーや、お役人の裏事情がコミカルに表現されているところなどは見ていて色々考えさせられるところがありました。

★★☆  星2つ半。

 

 

そして、3本目に見たのが「力道山」

rikidozan_2

これは日本のプロレス界の英雄、力道山の生涯を描いた作品なのですが、私的には作品としてはともかく、力道山を演じたソル・ギョングはどうなのかな??と思いながらみていました。 

というのも、セリフをほぼすべて日本語なので仕方がないと言えば仕方がない話になるんですが、若い頃の力道山は朝鮮国籍をもつ朝鮮人だったので、変な発音の日本語に何も違和感がなかったのですが、往年の力道山を演じるにあたってあの発音はどうにかならなかったのか??と思ってしまうところがすごく残念です。

でも、そのほかはソル・ギョングはしっかり役作りでレスラーの体作りもしていたし、助演の中谷美紀もものすごくキレイだったし、なにより昨年急死した破壊王橋本真也の最後の試合がこの映画にあったことがプロレスファンとしてがすごく嬉しかったです。

というわけで、★★★  星3つ。

 

昨日はもう1本見ようかなと迷ったんですが、結局見ずに帰ってきてしまいました。

(なんせ昨日の休憩時間は1本目と2本目の間が20分。2本目と3本目が5分と頭を休める暇がなかったもので…)

すごく頭が疲れましたが、1作1作すばらしく、いい刺激をもらえすごくいい1日でした。

やっぱり映画っていいものですねぇ~。

 

|

« いんふぉめーしょん。 | トップページ | 3月14日ほわいとホワイトデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150809/9076487

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり映画祭3連打。:

« いんふぉめーしょん。 | トップページ | 3月14日ほわいとホワイトデー »