2006年10月 1日

映画『涙そうそう』を見ちゃいました。

Dscn3813

毎月1日が「映画の日」と決められ映画が全部1000円で見れる今日。

私は試写会をチケットをゲッチュしておきながらも、仕事の関係で見にいけなくて涙をのんだ『涙そうそう』を友達と一緒に、先週末にOPENした「なんばOIOI(マルイ)」に出来た「TOHOシネマズなんば」に見に行ってきました。

 

最近はずっと試写会ばっかりで映画館で映画を見るのは久しぶりな私。

まぁ今日は「映画の日」だし、「日曜日」だし、「雨」だし、「オープンしたて」だし、すごい人だろうと思い、朝の間にネットでチケットを購入していたんで並ばずに見れたんですが、映画館はすごい人

エレベーターを乗るのも順番待ちで、映画館に着くとチケットを求めてこの行列。

Dscn3810

すごい人が並んでるなか、私達は機械でチケットを発券し、すぐ中に。

Dscn3812

映画館の中はさすが出来立ての映画館というだけあって、キレイだし、座り心地も最高でした。

映画自体は、沖縄を舞台に描かれた兄弟愛・人間愛がすごくキレイに描かれていて心の底がキュンと締め付けられるような感じのするすごくいい作品でした。

(まぁ私的には、終盤ちょっと冷める展開だったため『涙そうそう』にはなりませんでしたが、友達は横で『涙そうそう』でした 笑 。)

まぁ沖縄マニアな私は、どこでロケしているのかがすごく気になっていたっていうのもあったんで入り込めなかった感があるんですが、とりあえず言えることは

妻夫木くんカッコよかった

長澤まさみかわいかった

BEGINよかった

そして、やっぱり沖縄は最高だ。

ってこと。

Dscn3818

テンションの上がっちゃったんで、帰りにOPEN限定のパンフレットをゲッチュしちゃいました。

 

マイペースでいきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月 3日

島ジロー名画試写会『ワイルドスピードX3〜TOKYO DRIFT』

_1681_2

どぅも。
『ワイルドスピードX3〜TOKYO DRIFT』の試写会を終えて帰っております。

まぁ今日の映画『ワイルドスピードX3〜TOKYO DRIFT』なんですが…

                    

(´〜`;)

              

って表現すればいい作品でした。

話的には東京が舞台のドラフト映画なんですが、なんせ基本的には内容のない4流ハリウッド映画。(-.-;)

観ていて全然引き込まれる感がないし、日本人の役者さんが何人が出ているということだったんですが、千葉真一以外はまぁいてもいなくてもあまり関係のない役で、妻夫木くんに関してはあれこそ誰がやってもいいような役を演じており、あの撮影ためにハリウッドに渡ったというのが信じられないというか、

妻夫木くんもっと仕事選べよ。って感じでした。f^_^;

試写会が終わってから民チンと話し合った結果は

『まぁ試写会だからよかった。あの作品に1800円は出せないよねf^_^;。DVDで出て100円で借りれるなら観るかも』
ということになりました。( ̄・・ ̄)=3

辛口な様ですが、まぁおそらくそれがスタンダードな答えだと思います。(*´∪`*)

(たぶんおすぎさんなら激怒すると思います。)

車好きな人はいっぱい色んな車が出てくし、ドリフト技術はすごいんで、ある程度は楽しめるんじゃないかと思いますが、それは車とテクニックで楽しめるだけであって内容では正直無理です。(―■―;)

マイペースでいきましょう。(*´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 2日

踊るにまた新たなレジェンドが。

_1693_1

今日、朝パパジローが買ってきたスポーツ新聞に

(もちろん島家はデイリースポーツだぬん。)

八嶋やったね初主演という見出し。

 

なんだなんだと横を見てみると

   

 弁護士

   

灰島秀樹

の文字が。

キター。v(☆▽☆)v

 

そうです。記事を読むと「踊るレジャンドシリーズ第4弾」として

『容疑者 室井慎次』で敏腕弁護士役を演じた八嶋が次は主役でスペシャルドラマをするらしい。

しかも、記事を読み進めるとなんと「踊る レジェンドスペシャル」と銘打って

このドラマが放映される前後に

「交渉人 真下正義」 

「容疑者 室井慎次」 

「逃亡者 木島丈一郎」

と計4本を放送するらしいんです。

 

もぅそんなことされちゃうと、また「踊る病」が発症し、

映画「踊る3」ドラマでの続編なんぞを期待してしまうじゃないですか。

 

まぁでも、踊るマニアの私の推測といたしましては

こんな4本も連続して放映するんだから最終日(弁護士~)のあとには

何かサプライズな発表があるんではないか。という予測がされます。

(噂では「真下2」が構想中だとかなんとか…)

 

「踊るMOVIE3」もあながちウソではない気がします。

とにかく今から10月がすごく楽しみです。☆b(゜∀^)

マイペースでいきましょう。

【追加】

調べてみるとちなみに日程は

◆踊るレジェンド・スペシャル・プロジェクト◆
 「交渉人 真下正義」   10月14日(土) 21:00~23:34
 「逃亡者 木島丈一郎」 10月20日(金) 21:00~22:52
 「容疑者 室井慎次」   10月21日(土) 21:00~23:19
 「弁護士 灰島秀樹」   10月28日(土) 21:00~22:54

だそうです。(*´∪`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日

幻の『ラフ』。

どぅも。( ̄〜 ̄)ξ

今日は、今お仕事が終わりました。
今日はアフター6に、あだち充原作の映画『ラフ』の試写会に行く予定だったんですが、仕事が忙しくて行けませんでした。[>д<゛]

もこみっちゃーん!![>д<゛]
(ってべつに「速水もこみち」と仲良しでも、友達でもありません。)

劇中で長澤まさみのハイレグ姿が見れるという前評判を聞いて、今日は楽しみにしながらお仕事を頑張っていたんですが
(まぁ今の時代『ハイレグ』って表現もおやじだし、何より“エロおやじ″だね 笑 )
午前中…むしろ3時まではすごく暇だったのに、帰るちょっと前から怒涛の忙しさ。
(まぁ普通に考えて新聞の最終〆切り前日&事務所の半分以上が出張なんだから怒涛の忙しさが「普通」なんですけどねf^_^;)

で、先輩も5時過ぎてから
「あれまとめて」
「これチェックしといて」

と机にボンボンと仕事を山積み。( ̄▽ ̄;)

それでも『ラフ』を諦め切れない私は
「先輩、これ急ぎですか?明朝になんて…」
「バカがバカ言ってるじゃないよ。バカ。」

 

バカって…

(―□―;)
 

(しかも連発。)

このバカ連発で、「絶対に行けない」と悟った私は、一緒に見に行く予定だった友達に電話して謝罪。(ノ_・。)

友達も楽しみにしてたのにチケット持ってるのが私だったから、結局見れずですごく悪いことをしました。(´_`○)

なかなか定価(?)で見に行く気にはなれませんが、また機会があれば是非とも友達を誘っていこうと思います。

マイペースでいきましょう。(*´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日

島ジロー名画試写会『UDON』

_1629

どーもです。今試写会を終えました。

とりあえず『UDON』めちゃめちゃ面白いです。(*´∀`*)

笑いあり、涙あり、ヨダレあり。
ほんとにそんな感じ。

まぁストーリーは序盤&後半はありきたりっちゃ〜ありきたりなんですが、そのありきたりを楽しませてくれるのが『踊る大捜査線制作チーム』。

今回も話のところどころに豪華なゲストが出るわ出るわ。(e´∇`e)/
これぞ踊るの真骨頂っていうくらい踊るでお馴染みのあのゲストやあんなゲストがいっぱい出てきて、すごくいぃ味を出して映画を盛り上げてくれます。

そしてコニタン(小西真奈美)がまた可愛い。(*´∀`*)
映画のシーンによって、うどんを食べ過ぎたのかちょっと顔がパンパンになっていりコニタンが出てくるんですが、とにかくカワイイ。(*´∀`)ノ

で、私独自で楽しめたのは3日前はそこにいった!!ー(°∀°)ー!!
っていうシーンがいっぱいあって、私が行ったうどん屋さんが軒も登場していました。(*´∀`)ノ

そして映画自体にはホントいっぱいの笑いと、涙なしでは見れない人間ドラマがありので、マジオススメです☆b(゜∀^)

うどんが好きな方もそうでない方も、もちろん踊る大捜査線ファンの方は是非劇場に足を運んでみてください。(*´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの試写会はUDONどす。

_1628

こんにちわ。
今日も1日よく働きました。(-'∀`-)/

まぁ今日から新聞の出稿クライマックス日にどんどん近づくこともあり、私のシマ(デスクの回り)はピリピリムード
「島ー。月曜からの出張なんでお前が行かねぇんだよ!!」
と全く無関係に怒られたりする一方、隣のシマは明後日の結婚式おめでとうムード満開。(*´∀`*)

なぜにこんなに空気が違うの??とか思いながらも、私は自分の記事の最終チェックをしたり、写真がヘタだと怒られたり、明日の会議の資料の準備をしたりと相変わらず忙しく過ごしていました。f^_^;

で、今日は小力ダンスの練習もお休みなんで、久しぶりにアフター6試写会にやってきました。(*´∀`)ノ

今日見る映画は、ユースケ・サンタマリア主演、踊る大捜査線のプロデューサー・監督が製作の

『UDON』。

_139

そぅつい最近まで旅してた香川が舞台のうどん映画。(*´∀`)ノ

こないだの旅で本場:讃岐うどんにハマった私にとって、いまもっともアツい映画です(*´∀`*)

試写会も久々だし、しっかり楽しもうと思います。o(^-^o)(o^-^)o

マイペースでいきましょう。(*´∀`)ノ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月26日

島ジロー名画試写会『キャッチ ア ウェーブ』

Caw_wall05_1024

おまたせしやしました。ここからは昨夜の試写会『キャッチ ア ウェーブ』のお話。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

昨夜のアフター6は今週末(4月29日)から公開される『キャッチ ア ウェーブ』という映画の試写会でした。

この映画もともと先週の試写会で見に行く予定だったんですが、その日は仕事が長引いていけなかった&チケットが間に合わなかったというのがあって見に行けなかったんですよね。

そして昨日のチケットを手に入れてビックリ!!щ(゜Д゜щ)
なんと試写会案内状に「監督&出演者による舞台挨拶あり」と書いているじゃないですか。

『舞台挨拶出演者=ヒロイン=加藤ローサ』

Caw_wall06_1024

※この子↑ ↑ ↑

こりゃキター。v(☆▽☆)v

テンション駄々上がりでローサが好きなニコラスに一緒に行かないか??とメールしたのですが、どうしても仕事に都合がつかないみたいで、昨日はニコラスの分まで加藤ローサを堪能しないと!!と思い試写会に参加していました。

(でも、仕事をしていて会場着くのがギリギリだったので2階席だったんですが…)

_1115

そして昨日6時30分。ついにその時がきました。

司会に呼ばれて監督さんと俳優さん(三浦春馬&木村了)と一緒に加藤ローサが登場。

_1116_1  

とりあえず

激カワイイ(*´∀`*)

顔ちっちゃってか細っ!!

とりあえずめちゃくちゃ可愛かったです。

 

で、肝心の映画のほうは…

ま・ま・まぁ…深夜にやってる青春ショートムービーを見てるって感じですね f^∀^;

●映画の展開が読めても、シーンの繋がりが異様におかしいと分かっていても映画を楽しめる方

●サーフィンの知識はなくて・したことがないけど、サーフィンが大好きな方

は楽しめると思います。

さすがに前日に『海猿』を見ちゃうとちょっとね… (^∀^ ;

_1118  

まぁ生・加藤ローサを見れただけで元は取りました。

マイペースでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日

島ジロー名画試写会。『LIMIT OF LOVE 海猿』

おはようございます(*´∀`)ノ
昨日は家に帰った時間が時間が遅く日記の編集をしながら『あいのり』だけを見て寝てしまったので、肝心の映画については何も触れれず終いでした。m(._.)m

_1114

ということでここからは昨日の映画の感想。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

昨夜観てきました試写会なんですが、海猿人気というものは凄いもので
「300席くらいの席数に1万通を超えるの応募があったらしくみなさまは倍率30倍の抽選を勝ち得た幸運の持ち主です」
という発表が、司会をしていた関西テレビのアナウンサーからあると会場が異様にどよめいていました。щ(゜Д゜щ)

そして肝心の映画の感想は
『大ヒット確実のすげぇいい映画です(☆_☆)』ですね。
(うわぁ〜すげ〜ありきたり。щ(゜Д゜щ))

でもとにかくすごく面白いんですよ。

ハラハラドキドキできるのは当たり前なんですが、シーンによっては笑えますし・胸がキューンとすることもありますし、後半はなくては見れないというかなり忙しい作品になっています。(*´∪`*)

この映画は大型フェリーが沈んじゃうという部分では『タイタニック』とかぶるところがあったりするんですが、正直…

『タイタニック』より全然感動できますよ。

                b(゜∀^)

生きることの素晴らしさ。
仲間を信じる素晴らしさ。

そして
人を愛する素晴らしさ。
をいっぱいいっぱい感じとれる作品となっています。

やっぱり『海猿』&亀山プロデューサー最高☆b(゜∀^)

そしてヒロインの加藤あい

マジ可愛すぎるます(*´∀`*)
ホントにかわいい☆もぅメロメロになっちゃいます。(≧∀≦)

ちなみにこの海猿シリーズがこれで完結らしいのですが、

続編熱望の声が大きくなれば続編も有り得るそぅです。

ということで早速 、『海猿』&(ついでに)『踊る』の続編を熱望します。(≧∀≦)♪

※本作は5月6日全国東宝系でロードショー。
みなさん劇場に行って泣いてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日

ひとり映画祭3連打。

昨日、私が朝からひとり映画館にこもって行われました「ひとり映画祭(えいがさい)」。

こんな企画は初めてで、というよりも1日に数本映画館で映画を見ること自体が私にとっては初体験だったのですが、見たい映画はいっぱいあるし、でも時間はあんまりないし。ということで、時間の有効活用を考えた結果考えたのがこの「ひとり映画祭」だったのです。

 

ちなみに、昨日見た数は3本

普段あまり映画館に行かない私には3本が集中力を保つ体力的に限界でした。

 

これからちょびっとではありますが、映画の感想などを入れつつ昨日見た3本を紹介しようと思います。

まず、1本目に見たのが

「男たちの大和/YAMATO」。

yamato01_640

これは皆様がご存知のとおり太平洋戦争の時に7000人もの人を乗せて沈んだ戦艦大和のお話なんですが、これは永久に後世に残して学校教育の一環として全学生に見せるべき見せなくてはいけない映画だと思います。

とりあえず見ていてが止まらないんです。

こんな状況が数十年前の日本にあったかなんて思うと、今の自分の置けれている身がすごく豊かで、その豊かさに甘えきっているな。と映画を見ながら号泣して考えさせられ、映画が終わったあとは目が赤く腫れて、お昼ご飯なんて食べにいけないくらいの感動作でした。

(ほんとにこれは映画館の永久欠番にしなくてはいけない作品だとおもいます。)

★★★★★ 星5つ。

 

そして、2本目に見たのが「県庁の星」

kenncyou

これは織田裕二主演なので、織田ファンとしてはすごく楽しみに見たのですが、映画自体はなぜか期待外れ感が少しある内容で、物語の先が読めたりする部分が多かったのがすごく残念でした。

でも、スーパーや、お役人の裏事情がコミカルに表現されているところなどは見ていて色々考えさせられるところがありました。

★★☆  星2つ半。

 

 

そして、3本目に見たのが「力道山」

rikidozan_2

これは日本のプロレス界の英雄、力道山の生涯を描いた作品なのですが、私的には作品としてはともかく、力道山を演じたソル・ギョングはどうなのかな??と思いながらみていました。 

というのも、セリフをほぼすべて日本語なので仕方がないと言えば仕方がない話になるんですが、若い頃の力道山は朝鮮国籍をもつ朝鮮人だったので、変な発音の日本語に何も違和感がなかったのですが、往年の力道山を演じるにあたってあの発音はどうにかならなかったのか??と思ってしまうところがすごく残念です。

でも、そのほかはソル・ギョングはしっかり役作りでレスラーの体作りもしていたし、助演の中谷美紀もものすごくキレイだったし、なにより昨年急死した破壊王橋本真也の最後の試合がこの映画にあったことがプロレスファンとしてがすごく嬉しかったです。

というわけで、★★★  星3つ。

 

昨日はもう1本見ようかなと迷ったんですが、結局見ずに帰ってきてしまいました。

(なんせ昨日の休憩時間は1本目と2本目の間が20分。2本目と3本目が5分と頭を休める暇がなかったもので…)

すごく頭が疲れましたが、1作1作すばらしく、いい刺激をもらえすごくいい1日でした。

やっぱり映画っていいものですねぇ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)